1217

PROFILE

 参加バンド
AFNICA (ジャズ、オリジナル)
Sweet Hollywaiians (ヴィンテージハワイアン&スウィング&カリプソ)
Takman Rhythm (スウィングジャズ)
Spirit of Gypsy (マヌーシュ スウィング)
・Sugar Mama (オリジナル 活動休止中)
マキ凛花 (サポートとして、たまに参加)
Accovio (サポートとして参加)
————————-

Profile

スウィングジャズ/ラグタイム/ハワイアン/マヌーシュスウィングなど戦前の音楽をこよなく愛し、よりシンプルでスウィングする古いスタイルの演奏を得意とする。
国内はもとより海外でも活動し、2005年頃から北米やヨーロッパなどで毎年ツアーを行い、Bob Brozman、Bill Tapia、Janet Klein、Tom Marrion、Tony Marcus、Dominique Cravic, Victoria Vox, James Hill, Daniel Hoなどと共演。
カナダ・ケベックシティーで行われる北米最大級の音楽フェス 「Quebec City Summer Festival」をはじめ、「Denver Ukulele Fes」、「Hukilau 2010」、「Ukulele Picnic in HAWAII 2011」「Cairns Ukulele Festival 2011」「Cairns Ukulele Festival 2013」など海外の音楽フェスにも多数出演。

History

堤下 功一(ツツミシタ コウイチ) 1977年生誕 大阪府在住

1994年頃よりダブルベースを始め、Rockabilly Bandを結成。
しかしあまりパッとせずギター脱退と同時に解散。1995年頃ソウルミュージックを聴き、影響を受ける。
エレキベースをちょっとだけ始め、バンドを結成。
しかしエレキのあまりの難しさに挫折し、再びダブルベースに転向。
1997年頃に己のダブルベースの技術の乏しさに悩み、ジャズベーシスト上山崎初美氏に師事、ジャズを始める。
ジャズベーシスト上山崎初美氏のもとで修行中、ようやく7thコードの重要性に気付く。
1995年の頃より続けていたバンドが、デモCDを一枚残し解散。
2000年頃、チャーリー西尾氏に誘われフジヤマチャロルに参加。
2001年、高田氏に誘われSweet Hollywaiiansに参加。2003年2月 Sweet Hollywaiians FM802「Flower Afternoon」に出演、2曲演奏。
同年8月 毎日放送(MBS4ch)チチ松村氏司会の「楽園図鑑」出演 大絶賛
同年10月 天神橋 dieci にて有山じゅんじ氏と 共演。
同年、毎日放送(MBS4ch)チチ松村氏司会の「楽園図鑑」最終回に再度出演2004年、樋上氏、高田氏、今泉氏と共に『スウィング男爵』を結成
同年、MOP西岡氏の紹介でSUGAR MAMAに参加
同年、今泉氏の誘いで”マキ 凛花”のバックバンドにサポートとして参加2005年、”Spirit of Gypsy”に参加。
同年、SUGAR MAMA 3rd mini album 『左右の扉』発表。2006年、”Crazy For The Mambo(a.k.a. The Mambo)”に参加。
同年、SUGAR MAMA 4th mini album 『夢の夢』発表。
同年、”DOUBLE DRAGON”に参加。
同年、”Spirit of Gypsy”の1st albumがノルウェのHOT CLUB RECORDSより発表。
同年、Janet Kleinと共演。
同年10月、Sweet Hollywaiians、ノリで初のアメリカ西海岸ツアーを行い、
デッカイ大地と砂漠を見て感動する。

2007年4月13日、SUGAR MAMA 活動休止。
同年、AFNICAに参加。
同年、6月Tom Marion and his Sweet Hollywaiians 名義のアルバム
『´Osurdato´nnammurato 恋する楽士』 発表。
同年、7月Sweet Hollywaiians 1st album 『Hula Girl』 発表。
同年10月、Sweet Hollywaiiansで2度目のアメリカ西海岸ツアーを行い、
Janet Kleinとかと共演、高い評価を受け大成功を収める。

2008年3月、マキ凛花のメンバーとして、アメリカ・テキサス州オースティンで開催される、
ショウケースイベントとしては世界3大イベントの一つである「South×South West」に出演。
異例の観客動員数で、高い評価を受ける。
同年7月、石川優美さんとYumi Ishikawa & Her Sweet Hollywaiians名義で『Maile Swing』発表。
同年7月、NHK『おかあさんといっしょ』月の歌のコーナー『フーララ・ホアロハラ-』を演奏。
同年9月Tom Marion and his Sweet Hollywaiians 名義のアルバム
『´Osurdato´nnammurato 恋する楽士』 Sweet Strings Recordより再発。
同年10月、Sweet Hollywaiiansで3度目のアメリカ西海岸ツアーを行い、
ミッドナイトセレネーダーズ・デルレイ・トニーマーカス・ロバートアームストロングとかと共演。
高い評価を受け大成功を収める。
同年10月15日AFNICAの1st album『Impression』を発表。

2009年1月、Sweet Hollywaiiansで4度目のアメリカ西海岸ツアーを行い、チープスーツセレネーダーズと、ついに共演。
Denver Ukulele Fesに出演、James Hill、Victoria Voxらと共演。 ツアーはもちろん大成功。
同年7月、Sweet Hollywaiians 2nd album 『Ticklin’ the strings』 発表。
同年8月、101歳の現役ウクレレ・プレイヤー『ビル・タピア』と共演。
バンド・個人共に高い評価を受ける。

2010年1月、Sweet Hollywaiiansで初のヨーロッパツアーを行う。
フランス・ベルギー・オランダで演奏し、思った以上の大絶賛!!
フランスでは、Dominique Cravic氏と共演。
同年1月、くいだおれ太郎楽団として、CD『くいだおれのおもひで』製作に参加。
同年3月、マキ凛花のサポートとして「South×South West」に2度目の出演。
同年6月、Sweet Hollywaiiansでフロリダ州フォート・ローダーデールで毎年行われるTIKIイベント”HUKILAU2010″に出演。
同年7月、カナダはケベック・シティで行われる170万人が訪れる北米最大級のフェス
“QUEBEC CITY SUMMER FESTIVAL 2010″に出演。

2011年2月、Sweet Hollywaiiansで”Ukulele Picnic in HAWAII 2011″に参加。
102歳の現役ウクレレ・プレイヤー『ビル・タピア』とハワイで再度共演。
同年4月、「Hit Studio」の経営を始める。
同年7月、オーストラリア・ケアンズで毎年行われるウクレレをフューチャしたイベント
“Cairns Ukulele Festival 2011″にメインアクトとして参加。
Daniel Ho,Victoria Vox,Brittni Paiva,その他と共演。

2012年8月、Mr.Fukushima and his Sweet Hollywaiians 名義でアルバム『SAME OLD SONG BOOK』を発表。
同年10月、何度目かのアメリカ西海岸ツアーを行う。
Freight & Salvage[Berkeley, CA]にてトニーマーカス夫妻と共演。
LAの Old Town Music HallにてJanet Klein and Her Palor Boysと再演。
同年12月、初の沖縄ツアーを行う。

2013年5月、Natural High![山梨]に参加。
同年6月、 勝手にニューポート2013[福岡]に参加。
同月、2度目の沖縄ツアーを行う。
同年7月、Cairns Ukulele Festival 2013[Cairns, Australia]にメインアクトとして2度目の参加。
スタンディングオベーションを頂き、大盛況。
同月、有山じゅんじ生誕60年記念 “赤いギター” ~師匠を囲んで~ [東京]に参加。
同年8月、ウクレレをメインにしたアルバム “Magic Ukulele Waltz”を発表。
同年9月、NAKASU JAZZ 2013[福岡]、フィールアース2013[群馬]に参加。
同年11月、 マキ凛花 with her Sweet Hollywaiians 名義で”The Peanut Vendor”を発表。

2014年3月、SUPER CLASSIC CHIMESに参加しthe Wild Roverに出演。
同年6月、 フロリダ州フォート・ローダーデールで毎年行われるTIKIイベント”HUKILAU2014″に出演。

2015年2月、”Takman Rhythm” でCD “Tik Tak Rhythm” を発表。
同年5月、 フランス・パリで行われる Paris Festival Ukulele 2015 に出演。
同年5月、 2度目のヨーロッパツアーを行う。
同年10月、 3度目の沖縄ツアーを行う。

現在に至る